2010年12月12日

秋山真之の先輩で親友 広瀬武夫少佐(死後中佐)

navy-ryojun07.jpg広瀬武雄は慶応意四年に岡藩士・広瀬友之允重武(幕末の討幕運動で活躍して維新後は裁判官となった)の次男として豊後国直入郡竹田茶屋ノ辻(現・大分県竹田市茶屋の辻)に生まれる。幼い頃に母親を亡くし祖母に育てられたが西南戦争で家が焼失してしまい一家で父の在任先である岐阜高山で暮らし飛騨高山煥章小学校を卒業後は代用教員をしていたが退職して岐阜華陽中学校へ臨時入学した。その後上京し攻玉社(近藤真琴により創設された学校で海軍兵学校入学の為の予備校的存在)に通いながら下谷の講道館に入門して柔道を習い始めた。明治十八年、十八歳で海軍兵学校に15期生として入学(秋山真之は17期生)を果たす(六月の入試に落ち九月の追加募集で合格した。)海軍兵学校では柔道に没頭して校庭や講道館で練習に励んでいたが在学中の大運動会のマラソンで左足が骨膜炎になり足を引きずりながらも完走し切断寸前まで悪化するが療養の結果完治したという。(しかし、その後も時折左足に痛みに悩まされた)明治二十二年に海軍兵学校を卒業するが在学中に大病を患って勉強に集中できず80名中武夫は64番という低い成績だったという。海軍少尉候補生となった武夫は実地訓練の為に軍艦「比叡」に乗ってハワイへ遠洋航海に出ることが決まった。(武夫ら少尉候補生数名で静岡の清水の次郎長を訪問して人の上に立つ者の心得を聞いたといわれている)明治二十四年、少尉になった武夫は「海門」の分隊士となった後「比叡」の分隊士となり豪州遠洋航海に出て翌年に筑波分隊士となる。海軍水雷術練習所分隊士となるも(この次期、将来日本はロシアと戦争になることを予測してロシア語を勉強し始める)翌年に日清戦争が勃発して従軍し「門司」に乗船するが後方支援(輸送業務)のみで戦闘には参加できず終戦を迎える。(終戦前に大尉に昇進)、軍令部に出仕した。その後、八代六郎大佐(後に大将)の紹介により秋山真之と知り合う。(八代六郎は海軍兵学校時代の二人の恩師で両人とも八代に大そう気に入られていた)真之と武夫は四谷の一戸建てを借りてしばらく同居していた。明治三十年、軍令部諜報化課部員となった後日清戦争で中断していた海外留学制度が再開され五人の大尉が留学生として欧米に派遣されることになった。この時に選ばれたのがイギリスに武夫の同期で親友の財部彪大尉(海軍兵学校15期生を首席で卒業し海軍の宝といわれた人物)フランスに村上格一大尉(海軍兵学校11期次席で卒業)、ドイツに林三子雄大尉(海軍兵学校12期三位で卒業)、アメリカに秋山真之大尉(海軍兵学校17期を首席で卒業)、ロシアに広瀬武夫大尉(海軍兵学校15期を64位で卒業)がそれぞれ選ばれた。武夫以外は成績優秀の俊才ぞろいであったが広瀬武夫だけは下位の成績で選考を担当した山本権兵衛少将は躊躇したがロシア語やロシアの情勢を早くから独学で勉強していることを聞き山本は広瀬を承認したという。(広瀬武夫は大津事件の後、ロシアが将来日本の脅威になる予感してロシアの言葉や軍備の知識を学びだした)武夫はロシアに留学しロシア各地の海軍工廠や造船所、軍港などを視察したりロシア貴族の社交界に出入りをして機雷施設の専門家で兵学校で教鞭をとっていた海軍省海事技術委員会のコワリスキー大佐に接近して家族ぐるみの交友をした。(小説ではロシア海軍省水路部長子爵コワレフスキー少将になっている)コワリスキー家に出入りしている内に大佐の長女・アリアズナと恋仲となるが武夫は「軍人には妻子は不要」との持論で妹のようにアリアズナと接していたが彼女の積極的なアプローチに武夫も意識するようになったという。二年後の明治三十二年に駐在武官となりドイツ、フランス、イギリスの海軍施設をを視察しその戦力の分析を行いその年に少佐に昇進する。日本とロシアが緊張状態になった明治三十五年、ついに広瀬武夫に帰国命令が出る。懇意にしてもらっていたパブロフ博士の部屋で送別の宴が開かれ時にボリス・ヴィルキトゥキーという海軍兵学校を卒業したばかりの候補生が是非にと宴に加わった。彼は文武に秀でた広瀬を「タケニイサン」と日本語で呼び慕っていたが帰国すると聞いて「タケニイサン、艦に乗るときに使ってください。」と柄のついた銅製のグラスを贈った。武夫は感謝の言葉を伝えながら「お互い愛する祖国の為に全力で戦おう」と誓い合ったが2年後にそれが現実となる。いよいよ出発に日、武夫とアリアズナは僅かの時間を二人っきりで逢い彼女がかねて用意していた銀製の懐中時計を武夫の手に握らせたという。ふたを開けると(A)の文字が彫られアリアズナのAとAMOUR(愛)のAの両方の意味を知らせあなたのお傍に置いてくださいといい時計の鎖にアリアズナの写真入のロケットも付いていたという。武夫はアリアズナの純粋な愛に思わず抱きしめたがごれが最期の別れとなった。モスクワを発った武夫は鉄道でイルツークまで行きその輸送能力を調べ雪中のシベリアをそりで横断して内情を探った。ウラジオストックより旅順まで東清鉄道で移動した後、ロシアの極東総督アレクセーエフ大将を表敬訪問し日本へ帰国する。その後、軍艦「朝日」の水雷長兼分隊長となり横須賀鎮守府軍法会議判士長を拝命したが翌年に常備艦隊に編入されたのを機に判士長を免職、佐世保のカッター競漕会で武夫の乗り込む「朝日」が優勝する。明治三十七年、ついに連合艦隊が佐世保より出撃仁川沖にて交戦しロシアに宣戦布告して日露戦争が始まる。一方、ロシアの親友・ボリスは海軍少尉に任官されロシア最新艦「ツェザレーヴィチ」に乗り込み旅順港に到着した旨の手紙を「タケニイサン」に送った。旅順沖合いで日本連合艦隊が水雷艇10隻を港内に侵入させ「ツェザレーヴィチ」をはじめ戦艦2隻と巡洋艦2隻に多大な損害を与えたが要塞に守られた旅順軍港に逃げ込みじっと身を潜め出てこなくなった。これでは日本海軍は遠巻きで港を監視するしか方法がなく手詰まりとなった為に旅順港閉塞作戦を敢行することになり5隻の老朽船と77名の志願兵(血判状を差し出し志願した兵の中に後に武夫が命を落とす一因となった杉野孫七上等兵曹がいた)で実行しようとしたがロシアの沿岸砲台が作戦を察知して集中砲火を浴びせた為に失敗する。(武夫は「報国丸」に乗船して指揮を取った)失敗から一ヵ月後に第二次閉塞作戦を4隻の閉塞用船で敢行することになり武夫は福井丸で指揮を取る。出撃前の「福井丸」に親友・秋山真之が会いにくるがこれが最後の別れとなった。(秋山は死を覚悟した親友に「敵の砲撃が烈しくなったらかまわずに引き返せ、決して命を無駄にするな」と説得しにやって来たという。旅順港口に突入した4隻の閉塞船にロシア沿岸砲台や駆逐艦から一斉砲火を浴び先ず航行不能となった千代丸が自沈、武夫が乗船した「福井丸」はそのやや前方で自沈を図った。杉野孫七上等兵曹が自爆用爆薬に点火するために船内に入った時にロシア駆逐艦の魚雷が命中し「福井丸」は次第に沈みかける。全員をボートで退艦させ点呼をとった所杉野上等兵曹が居ないことに気づいた武夫は「福井丸」に戻り船内を三度くまなく探したが杉野上等兵曹の姿が見つからず諦めてボートに移った。その時、ロシアの哨戒艇の砲撃を頭部に直撃し広瀬武夫少佐は銅銭大の肉片を残して吹き飛ばされ戦死した。第三船の弥彦丸も自沈し第四船の米山丸は指揮官が砲撃で負傷し二等兵曹が指揮を取って閉塞目的地を目指すがロシア駆逐艦の魚雷が命中して沈没し第二次閉塞作戦は失敗に終わる。広瀬武夫少佐の遺体はロシア艦船が引き揚げた。遺体は頭以外は損傷がなくロシア駐在武官時代の恋人・アズアリナの兄が遺体確認し栄誉礼をもって厳粛な葬儀を執り行った。広瀬武夫の死を知ったアズアリナは生涯独身を貫いたと言われている。明治政府は翌日に広瀬武夫を中佐に昇進、杉野孫七上等兵曹は兵曹長に昇進して広瀬は日本初の「軍神」として祭り上げられた。広瀬武夫享年三十六歳・・・第二次旅順港閉塞作戦は失敗に終わりその一ヶ月後の第三次閉塞作戦では閉塞船12隻という大規模作戦となったが天候不順とロシア軍の反撃でまたもや失敗した。バルチック艦隊が向かっていることを知った日本海軍は陸軍に陸上からの旅順港要塞の攻撃を依頼し乃木希典大将、伊地知幸介参謀長率いる第三軍が多くの犠牲を払い旅順港に停泊中のロシア太平洋艦隊(旅順艦隊)が見渡せる203高地を児玉源太郎の助力もあって奪還に成功し旅順港の太平洋艦隊の殲滅に成功する。これのよって日本海軍はロシアバルチック艦隊との海戦を有利にして連合艦隊勝利に仁導いた。
posted by こん at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。