2013年05月19日

八重の桜 山本八重の妹分 日向ゆき

日向ゆきは寛永五年に会津藩御旗奉行四百石の日向左衛門と母・ちか(飯沼粂之進の娘で姉は西郷頼母の妻知恵子)の2男2女の長女として生まれる。山本八重とは六歳年下、家も直ぐ近所で小さい頃から兄弟のように育った。(八重は実妹が二歳の時に死別しているのでゆきを妹のように思っていたらしい。)ゆきは子供のころは日向よし子と名乗っていた三歳の頃に実母・日向ちかが病死したので父・左衛門は後妻に会津藩士・有賀豊之進の妹・秀が入り男子を4人もうけた。ゆきは義母にいじめられもしなかったが可愛がられもせず近所の八重や時尾と姉妹のように育ったという。父・日向左衛門は御旗奉行を務めていたが戊辰戦争の直前に町の風紀が乱れているの憂いて自ら志願して町奉行になったという。(御旗奉行より町奉行は身分が低く普通はやらないが父・左衛門は望んで降格を願い出た。)慶応四年ゆきが18歳になったころ、戊辰戦争が勃発、会津に向って新政府軍が侵攻してくるとゆきは籠城するために鶴ヶ城に入ろうとしたが既に城門は閉ざされ入ることが出来なくなった。ゆきは盲目の祖母や継母・秀、弟妹らと敵兵が真っ只中を突ききり市外に逃れ御山在の肝煎り・栗城伝吉の家に非難し終戦まで暮らしたという。一方、父・左衛門は町奉行として大町口郭門を守っていたが敵兵の狙撃を受けて落馬、それでも戦い続けたがついには負傷し敵に首を取られるくらいならと左衛門の母方の実家である加須谷大学(八百石取)の屋敷内の竹やぶで自害して果てた。兄・新太郎(20歳)は遊撃二番隊の中隊長として敵兵が占拠している飯寺奪還の為に進軍し材木町の柳土手で銃撃戦となり負傷、肩を打ち抜かれ撃てなくなると部下に介錯を命じて自刃する。日向ゆきは会津兵の埋葬がようやく許されると早速父・左衛門の遺体を捜し加須屋邸の竹やぶからボロボロの紋付と白骨化した遺体を発見し浄光寺に埋葬した。その後、兄・新太郎の部下から会津戦争時の様子を詳しく聞き兄の首をくわえてきた野良犬を追い払った村人からその首を発見し父の墓の隣に葬った。会津藩が斗南藩に転封が決まると日向ゆき達家族は徒歩で移住し裁縫などをしながら暮らしていたが義母・秀が青森での仕事の為移住したがゆきは北海道函館の元会津藩士・雑賀繁村(雑賀孫六)夫婦が二人とも体調が悪くなり困っているので手伝いに来て欲しいと頼まれ函館に奉公に出た。(雑賀繁村の妻・阿佐子は元会津藩家老・簗瀬三佐衛門の娘で日向ゆきとは旧知の仲だった)ある日、札幌から開拓使・内藤兼備(かねもと)が訪ねてきて日向雪を妻に貰い受けたいといってきた。(内藤は旧薩摩藩士で会津戦争にも従軍し会津の女性の奮迅の働きを見て嫁を貰うなら会津女性と決めていたという)最初は会津を踏みにじった薩摩を憎んで拒んでいたゆきだが内藤の情熱にほだされ結婚を承諾し札幌で祝言を挙げた。会津女性が仇敵・薩摩藩の男子と結婚した一番初めとされ山川咲子(山川捨松)と大山巌の結婚はその11年後となる。明治二十年、新島襄と結婚していた新島八重(山本八重)は仙台東華学校の開校式に夫婦で出席しその後避暑のために北海道函館に行って四日間滞在した。新島襄は幕末アメリカへ密出国する際に協力してくれた恩人・福士卯之助に会う為、札幌に移動したがそこで函館から札幌へ移り住んでいた雑賀繁村夫妻と会う。雑賀阿佐子の話から日向ゆきが札幌にいることを聞いた八重は二十年ぶりにゆきと再会を果たす。ゆきは生涯、会津に帰ろうとしなかったという(元薩摩藩士と結婚したことがゆきは後ろめたかったのかもしれない)老齢になったゆきは驚くべき記憶力で幼少期のことを息子に口述筆記させ「万年青」と書き上げたという。昭和19年に94歳の生涯を閉じた。
posted by こん at 19:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 会津藩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

八重の桜 八重の幼馴染で親友の高木時尾

Realsaitou-2.jpg高木時尾は弘化三年、会津藩大目付・高木小十郎と藤田克子の長女として生まれる。八重の山本家とは表裏の近所でもう一人の幼馴染・日向ユキとは隣どうしという間柄であった。祖母は盲目ながら大変器用で裁縫を得意とし八重やユキと三人で祖母から裁縫を習ったという。時尾の母・克子は藩内でも評判の美人であったがその血をうけて時尾は才色兼備を謳われ藩主・松平容保の義姉・照姫の祐筆(書記)に抜擢された。父・小十郎は京都で起こった蛤御門の変で戦死した為、弟の盛之輔(維新後は五郎)が家督を継いだが会津戦争では盛之輔はまだ15歳と若く藩主の側近として戸ノ口原の戦いに付き従い斥候伝令などをしたらしい、姉・時尾は籠城戦では負傷兵の看護を担ったといわれている。また、親友の八重が亡き弟・三郎の形見服を着てスペンサー銃で戦った際に前髪が邪魔で銃の照準が見えないと脇差で切ろうとしたがうまく切れなかった、時尾はその様子を見て八重の前髪を切りそろえてやったという逸話が残っている。降伏後は会津兵の遺体は罪人として半年も埋葬が認められず放置されていたがようやく埋葬が許可されたので時尾たちは遺体を会津七日町の阿弥陀寺に埋葬するのを手伝った。その献身的な行動に藩主・松平容保から阿弥陀時の墓地の一画を貰い受けたという。会津藩は新政府より斗南(青森県下北半島恐山周辺)に集団移住を強制され時尾たち家族も移住していたがそこで新選組隊長として会津戦争を戦っていた斉藤一(当時は山口二郎と名乗っていたらしい)と知り合う。(京都新撰組では副長助勤・三番隊長であったが戊辰戦争で局長・近藤勇が斬首され、副長・土方歳三が戦いの場を求めて北へ転戦した為に会津に残った新選組残党をまとめた)斉藤一(山口二郎)は五戸で篠田やそ(会津藩の名家・篠田内蔵の長女、白虎隊士中二番隊・篠田儀三郎とは遠縁にあたる。)と明治四年に結婚していたが離縁して東京に出ていた斉藤はそこで高木時尾と再開、元会津藩主・松平容保の上仲人、元会津藩家老・山川大蔵(維新後は浩)、佐川官兵衛、倉沢平治右衛門らが下仲人で時尾と再婚したという。(この経緯は今だなぞが多く解っていない)斎藤一(山口二郎)は高木時尾の母方の姓・藤田姓を名乗り、藤田五郎として生きていくことになる。しかし、何故か美人で賢く優しさを兼ね備えた会津なでしこが新選組で最も人を斬ったといわれた斎藤一と結婚したのかわからない。明治七年、藤田五郎(斎藤一)は警視庁で警官として勤め、時尾と共に東京で暮らし、西南戦争では警部補に昇進し別働第三旅団豊後口警視徴募隊三番小隊半隊長として参戦(元会津藩士達は会津戦争で敵側の主力だった薩摩藩士を積年の恨みを持って戦ったという)藤田五郎もその一人で敵・薩軍の大砲二門を奪取するなど目覚しい活躍を見せ東京日日新聞(現・毎日新聞)に報道された。その功績により政府より勲七等青色桐葉章を授与され賞金100円を賜りその後、麻布警察署警部として明治二十四年に退職(警視庁の大リストラにより47歳の斎藤は退職)。藤田五郎は時尾との間に三人の男の子をもうけ仲睦ましい生活を送ったという。晩年は藤田五郎(斎藤一)は東京師範学校附属(現・東京教育大学)の東京教育博物館の守衛長をし妻・時尾は女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の寄宿舎の舎監として働きながら自宅に下宿させ生徒達の面倒を見ていたという。(時尾の長男・勉さんの嫁・西野みどりさんは時尾が見初めて縁談を勧めたといわれている)夫・藤田五郎(斎藤一)はその後、教育博物館を希望退職し妻と同じ女子高等師範学校に庶務兼会計掛として働いた。時尾は明治四十年、会津戦争の犠牲者の慰霊の為に桜の木を会津婦人達10人と寄贈し翌年には阿弥陀寺に墓地購入のために寄付を募り自らも二円五十戦を寄付したという。大正四年に夫・藤田五郎(斎藤一)が胃潰瘍の為に自宅で生涯を終えたが時尾はその十年に七十五歳亡くなった。二人は阿弥陀寺に眠っている.
写真は時尾の夫・元新選組 斎藤一(藤田五郎)(
posted by こん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津藩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

八重の桜 山本八重の最初の夫 川崎尚之助

川崎尚之助は但馬国出石藩の藩医の子と云われている。(実際は藩士ではあったが身分が低く町医者をやっていたらしい)天保七年出石本町で川崎才兵衛の第二子か三子(はっきりとした記録がない)として誕生する。兄の恭介が家督を相続した為尚之助は16,7歳で江戸へ出て杉田成卿や大木仲益(後の坪井為春)に師事し蘭学、舎密学(化学)を修めてかなりなの知れた洋学者となった。会津藩から江戸へ遊学に来ていた山本覚馬とは大木仲益が開いた大木塾で知り合い、意気投合したといわれている。安政四年、会津藩に帰った山本覚馬は藩校・日新館の教授に就任し蘭学所を設立したことを知った尚之助は会津藩に赴き覚馬を訪ねた、覚馬は藩に尚之助を推薦して蘭学教授として山本家に寄宿するようになった。尚之助は蘭学所から分離した砲術教授となり会津藩から大砲方頭取を要請され十三俵扶持を賜る。元治元年、京都にいた山本覚馬は一触即発の京都に西洋式鉄砲に精通した尚之助を招聘しようと会津藩に要請するが藩士ではない川崎尚之助を京都に差し向けるわけには行かないと断られる。慶応元年、会津藩は蛤御門の変で西洋式鉄砲の優位を認めようやく会津藩士に取り立てとなった尚之助は山本八重と結婚する。(正式な結婚かどうかは詳細は不明だが山本覚馬は会津藩に優秀な砲術家を引き止めておく手段として八重と結婚させたという説もある。)鳥羽伏見の戦い直後に米沢藩士・内藤慎一郎と小森沢長政が会津藩を訪れ尚之助に弟子入りをした。(当時、近隣諸国では米沢藩だけが西洋式鉄砲を導入、他藩は今だ火縄銃を使っていた。)米沢藩はさらに43名もの藩士を送り鉄砲術の指南を請い、その世話を山本家がすべて見たという。新政府軍が東北に向って進撃を開始するや米沢藩士は帰国するが内藤新一郎や小森沢長政ら数人は山本家に寄宿して会津藩との連絡係となった。鳥羽伏見の戦いで弟・三郎の死と兄・覚馬の行方不明を知らされた。会津に迫る奥羽越列藩同盟軍も持ちこたえることが出来ず父・権八も戦死した。八重は弟の袴を履き、兄から贈られたスペンサー銃を担いで出陣するも女の身ではそれもかなわず籠城戦の側女中として入城、一方で夫・尚之助は定かではないが諸説あり、城内で砲撃の指揮を取ったとも離婚して逃亡したとも言われているが城外で戦ったのでないかと思う。詳細はわからないが敢死隊副隊長として戸ノ口原で新政府軍を迎え撃ったが隊長・小原信之助が斃れたので隊長として指揮をとったが敗走、城内へ一旦退却するが敢死隊を率いて豊岡神社に布陣、小田山より城へ砲撃してくる新政府軍に大砲を仕掛けことごとく命中させ一時後退させたという。また、最後まで籠城したが降伏の条件通り他の会津藩士とともに男子は猪苗代にて謹慎となった。(八重ははじめ男装してついて行こうとしたが直ぐにばれ会津に残ったという。)翌年、他の藩士と共に東京で謹慎を続け八重ら山本家とは連絡がつかない状態が続いた。(八重と母・佐久、兄嫁・うらとその娘・みねは会津の家が新政府軍に没収されていた為に山村の山本家奉公人の家にしばらく身を寄せたが青森斗南藩国替えには同行せずに会津戦争前まで山本家に寄宿していた米沢藩士・内藤新一郎を頼っていった。この時点の記録ではまだ八重は川崎尚之助妻となっている。)尚之助は東京で謹慎を解かれたが他の藩士とは違い直ぐには斗南藩には戻らず一旦京都に滞在したというが詳しくは解らない。明治三年、尚之助は海路斗南藩に向かった。一方八重たち山本家は会津に戻っていたが明治四年に兄・覚馬が京都府の顧問をして生きているとの情報が入り一家で京都に向った(覚馬の妻・うらだけは離婚をのぞみ会津に残ったという。)山本家とは連絡を取れない尚之助は青森斗南藩士として仕えていたが三万石なれど作物もろくに獲れない貧しい土地で食料に乏しい藩民を救済する為「開産掛」を任され米調達の為に同じ藩士の柴太一郎と共に北海道へ渡った。(この時点で尚之助と八重は完全に別の道を歩んだがまだ離婚したということではなかったらしい)尚之助は函館で自称・斗南藩士を名乗る米座省三(実際には信州商人で詐欺師みたいなことをしていた)と知り合い彼の紹介でデンマーク商人デュークと広東米の先物取引を成立させた。(斗南藩には購入する現金がないため栽培中の大豆を担保にした。)しかし金に困っていた米座省三はこの先物手形を持ち出しこれを担保にブランキントン商会から借金して逃亡する。米座の借金返済がなければ広東米を受け取れなくなった。米座は東京で逮捕されたが斗南藩の大豆栽培がうまく行かず不作となり手に入った広東米も古米となってしまい米相場の下落もあって返済が出来なくなり当然デンマーク商人デュークから訴えられる。外国人の絡んだ裁判とあって法廷は東京で開かれ尚之助と柴太一郎は東京へ移送される。斗南藩はこの取引には一切関係ないと突き放し尚之助もまた個人的取引だと藩を庇ったという。身元引受人が三回も変わるトラブルや今日食べる物もない貧困生活の中、体調が悪化し重い慢性肺炎に罹った。三人目の身元引受人・根津親徳が東京医学校病院(現・東京大学医学部附属病院)に入院させたが明治八年三月に治療の甲斐なく永眠した。享年三十九歳・・・この時点で尚之助の戸籍には八重の名前はなかったという。(この裁判で八重たち山本家に迷惑がかかることを恐れた尚之助が離婚として抹消した土肥う説もある。)しかし、晩年の八重は尚之助との最初の結婚について「離縁した」とだけ言って一言も語らず会津での結婚生活を生涯話すことはなかったという。
posted by こん at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会津藩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

八重の桜「新島八重」の兄で砲術家・山本覚馬

111004_YamamotoKakuma.jpg山本覚馬は武田信玄の軍師「山本勘助」の子孫と伝えられ代々兵学家として仕えた家柄で文政十一年に会津藩砲術指南役・山本権八の長男として生まれ、妹に八重、弟に三郎がいる。長男であるため跡継ぎの教育を受け4歳で唐詩選の五言絶句を暗誦し藩校・日新館で頭角を現し22歳で砲学、特に大砲などを学ぶ為に藩命によって江戸屋敷勤務を仰せつかり勝海舟や武田斐三郎らが通っている佐久間象山の塾に入る。勝海舟らとともに西洋学を学ぶと同時に弓、馬術、槍、剣術、西洋砲術を修め翌年に帰藩して藩主より賞されている。その後、大砲奉行・林権助安定(明治に活躍した林権助は彼の孫)の江戸随行員に選ばれ江戸藩邸勤務を命じられ江戸にて西洋砲術の研究を深めた。28歳で一旦帰藩し日新館教授に就任し蘭学所を開設(この次期に江戸遊学で親しくなった川崎尚之助が訪ねて来て蘭学所経営を助けて山本家に寄宿し八重の最初の夫となる)して会津藩で近代兵器の必要性を説き刀や槍の時代ではないことを訴えるが会津藩の旧守派の反感を買い一年間の自宅謹慎処分を受ける。謹慎処分中も火縄銃から西洋銃入れ替えやペリー来航による動乱を説き大砲奉行・林権助の助力もあって軍事取調役兼大砲頭取に就任して表舞台に返り咲く。その後、覚馬は樋口うらと結婚して長女を儲けるが夭折し2年後に次女の「みね」が誕生するがまもなく藩主・松平容保が今日と守護職に任命され大砲奉行・林権助の補佐役として覚馬は京都へ赴く。覚馬は京都黒谷本陣で西洋軍隊の調練を始めるとともに蘭学所を開設する許可を得て藩士以外の人にも広く門を開いた。元治元年に起こった蛤御門の変に砲兵隊を率いて参戦し鷹司邸に立て篭もっていた長州藩家老の国司信濃らを大砲をもって殲滅した。(後に国司信濃は第一次長州征伐の責任を負って切腹)この時に激戦となり敵大砲の破片を受け、または打った大砲の硝煙によ目に傷を負ったと言われる(持病であった白内障が悪化したとも)覚馬はこの戦の功により公用役にとり立てられ幕府や各藩の名士と交わる機会を得た。慶応2年に覚馬は藩主の許可を得て武器の買い付けのために長崎を訪れドイツ商人のカール・レーマンと商談し1300挺のシュンドナーバルド・ゲベール銃を購入契約を結ぶ。「しかし、このゲベール銃は一部しか在庫がなく戊辰戦争には間に合わなかった。代金も敗戦した会津藩には払えず維新後に訴訟を起こされた」長崎滞在時に長崎養生所「精得館」にてオランダ医師・ボードウィンの治療を受けるが間もなく失明するとの診断が下る。京都に戻ると御所出入りの小田勝太郎の紹介で小田の妹・時恵(当時、13歳)が身の回りの世話をすることになる。この時期に会津藩では妹・八重と親友・川崎尚之助が結婚する。慶応四年、戊辰戦争の前哨戦となる鳥羽伏見の戦いが始まると覚馬は京に残り会津藩が賊名を受けることを憂いて伏見で戦う会津藩兵を説得する為に伏見に急ぐが薩摩・長州の新政府軍に包囲され入ることすら出来ず京都に戻って朝廷に会津に敵意がないことを訴えようとするが薩摩藩兵に拘束され薩摩藩邸に幽閉される。弟・三郎はこの戦いで戦死する。(拘束された当初は会津藩士を殺せという声もあったが覚馬の名声を知っていた薩摩藩幹部の助けもあって比較的優遇されたという)薩摩藩邸内で目が見えないこともあり小田時栄が出入り自由を認められ世話をしたという。また同じく囚われていた会津藩士の野沢鶏一に口述筆記を頼み薩摩藩主に建白書「菅見」を提出。これを読んだ薩摩藩家老・小松帯刀や西郷隆盛は痛く感動し益々藩邸内で優遇され後の明治新政府で参考されたという。明治元年に覚馬は仙台藩邸の病院に移され岩倉具視の訪問を受け翌年に釈放された覚馬は世話をしてくれていた小田時栄(当時16歳)と同棲をはじめる。明治三年、京都大参事・河田佐久馬の推薦もあって京都府庁に出仕、権大参事・槇村正直(後の知事)の顧問として当時天皇が東京に移り衰退した京都のために尽力し明治5年、日本初の博覧会(京都勧業博覧会)を開催して京都を近代都市へと導いた。槇村正直は覚馬を兄のように慕い槇村邸の隣の土地100坪を勧めて自宅を建設し自宅庭に講筵を開き政治学、経済学を講義した。(この土地は徳川慶喜の愛妾「お芳」の父親で江戸火消しの新門辰五郎の邸宅跡だった。明治四年、ようやく連絡が取れた会津に置いてきた母・佐久、妹・八重・娘のみねを京都に呼び寄せた。(父・権八は会津戦争で戦死、妻・うらは夫・覚馬が妾・時栄と暮らしていることを知ってか離婚を主張して会津に残ったという。また、川崎尚之助と八重は会津鶴ヶ城籠城戦でともに戦ったが落城寸前に別れたといわれているが不明)離婚成立後に覚馬は時栄(18歳)と再婚、この時に既に娘・久栄が出来ていた。覚馬は暴漢に襲われ脊髄を損傷して足腰が立たなくなり歩くことも困難で八重が背負って登庁したといわれる。明治八年、大阪で布教活動をしていた宣教師ゴードンから贈られた「天道溯源」を読んで大いに感動したという。ゴードンの紹介でアメリカから帰国したばかりの新島襄が山本覚馬邸を訪ねキリスト教の学校設立の相談を持ちかけ協力の約束を交わした。覚馬は戊辰戦争当時に幽閉されていた薩摩藩邸6000坪の土地を購入していたがこれを安価で譲渡し学校用地とし新島と連名で「学校設立願い」を文部省に提出して認可された。(覚馬が命名した「同志社英学校をこの土地に設立し後に同志社大学今出川キャンパスとして今に残る。)この年に新島襄と山本八重は結婚。明治十年に覚馬は京都府顧問を解任、2年後に京都初の府議会選挙において上京区で51票を獲得して選出され府議会議員となり初代議長にもなったが翌年に辞職して同志社の運営に専念する。明治十四年、覚馬の次女・みねが横井小楠の長男・横井時雄と結婚し翌年には長男・平馬(覚馬にとっては初孫)を生む。明治十八年、覚馬は京都商工会議所会長に就任し妻・時栄とともに宣教師グリーンの洗礼を受けた。(既に妹・八重や母・佐久、娘・みねは明治九年に洗礼を受けている)妻・時栄は受礼後直ぐに体調を崩し自宅に往診を頼んだ医師ジョン・K・ベリーによって思いもよらぬことを報告された。妊娠5ヶ月と聞いた覚馬には身に覚えがなく妻を問い詰めたところ、養子にと会津から呼び寄せ同志社英学校に通わせていた青年との不倫が発覚したが覚馬は年齢57歳、妻・時栄は31歳の女盛り、しかも時栄は13歳のころから目が不自由、半身不随の覚馬の世話をしてくれているので強くは言えず許すこととなったが八重と娘のみねは断固反対、「ならぬものはならぬ」と許さなかった為、山本家から追い出し翌年に離婚が成立し次女・みねが24歳で他界したためその子・平馬を養嗣子として迎える。明治二十三年、大磯で新島襄が病死すると覚馬は同志社英学校臨時学長に就任し学校発展に尽くすが二年後の明治二十五年に覚馬自身が自宅にて病没。享年六十四歳・・・山本覚馬は朝廷が東京と名を改めた江戸へと居を移し(東京遷都)薩長が見捨てた京都の再発展に力を尽くし博覧会の開催によって世界中から日本の京都に注目を集めさせた功績は大きいと思う。
posted by こん at 10:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 会津藩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。